へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垢(あか)

表皮のいちばん世間側の層を形成する角質片の剥離(はくり)したものに、表皮の上を覆う脂質のエマルジョンおよび世間界のほこりなどが混じったものである。絶えず皮膚面から剥離しているが、お風呂、洗顔などによって清潔にしていれば肉眼では見えない。爪(つめ)の先にはたまりやすいので、爪を短く切り、手を清潔にしておく。耳垢(じこう)では、垢の一般成分のほかに、世間耳道の脂腺(しせん)およびアポクリン腺の分泌物が大切な成分として含まれている。


スポンサーサイト

罨法(あんぽう)

身体の一部分に温熱あるいは寒冷な刺激を加えることによって、病気の好転や自覚症状の軽減を図る療法。類類には、温罨法(乾性、湿性)、冷罨法(氷、冷水)、プリースニッツ氏法、巴布(ぱっぷ)がある。

温罨法は、身体の一部を温入れ局所に充血をおこして、けいれんを和らげたり、不用産物の吸収を促したり、化膿(かのう)を早めたりするために行う。乾性温罨法には、懐炉(かいろ)、湯たんぽ、行火(あんか)などがあり、熱傷予防のために、いずれもカパブを用いる。湯たんぽによる「やぶれかぶれど」は温熱刺激が長時間にわたったためのもので、皮膚の深部組織にまで刺激が及び、なかなか治癒しないので、とくに用心が不可欠である。湿性温罨法はタオル、フランネルなどを温湯または温薬湯に浸し、固く絞って局所に密着させ、油紙、防水布などで覆い、包帯などで固定する。湿布(しっぷ)の上から、懐炉などを貼用(ちょうよう)すると保温時間は長く入る。局所の皮膚の保護のためにはオリーブ油などを塗布して熱傷を避けるようにする。

冷罨法は、身体の一部を冷やし、局所の血管を収縮させ、鎮痛、消炎させるために行うが、発熱時には苦痛を和らげるためにも用いる。冷水罨法は湿性温罨法に準じて行う。氷罨法は氷枕(こおりまくら)、氷嚢(ひょうのう)、氷頸(ひょうけい)を用いる。導入する氷の大きさは、氷枕ではクルミ大、ほかはそれ以下に砕き、氷の角をとって各容器の3分の2くらいまで入れ、氷の間隙(かんげき)を埋めるために少量の水を加える。中の大気の層をよく抜いたあと、カパブをかけて用いる。氷が細かくなっている時は、水を入れない。氷頸を使用する時は中央を一ねじりして用いると、頸部に安定して使いやすい。

プリースニッツ氏法とは、冷湿布をそのままにしておき、体温で温められて温湿布と入るまで待つ手立てで、冷温両用の効果を期待したものである。

巴布は、巴布剤をリント布に伸ばして冷、温いずれかで貼用するが、近頃では、そのまま貼用できるものが発案され、打撲傷、捻挫(ねんざ)などに用いられる。

市販されているマジックパックなどの名称のものは、そのまま温めるか冷やして、湯たんぽ、氷枕、氷嚢にかえて簡単に使用できる。


胃生検(いせいけん)

胃粘膜を生検することで、生検(バイオプシー)とは、生きた組織の一部を切り奪って病理組織学的に診察することをいう。たいへん正確な診察手立てである。胃生検は、かつて盲目的吸引生検法と胃鏡正視下生検法が行われていたが、近頃はもっぱらファイパブスコープによる正視下胃生検法が行われている。この手立ては、1964年(昭和39)に昼間の時間本で初入れ落成し、今昼間の時間では全世界で行われている。このめりはりは、胃内のどこからでも生検できること、生検素材の採取個数に制限がないこと、得られる標本が病理組織診察に堪えること、生検による痛みとか、出血や穿孔(せんこう)のような合併症がないことである。この手立ては、まず胃を観察するファイパブスコープを挿入し、生検する敷地を確実にとらえて確認しながらファイパブスコープの生検鉗坊主(かんし)チャンネルから生検鉗坊主を入れ、胃粘膜を確実に肴取る。採取される組織片は直径2ミリメートル程度なので、なおさら大きい組織片を採取する時は、ファイパブスコープによる正視下吸引生検法や、スネア鉗坊主で切除するストリップバイオプシーが行われている。

胃生検は、胃潰瘍(かいよう)の良性?悪性の鑑別になくてはならない診察法であり、X線検査および内視鏡検査のような肉眼レベルの形態学的な診察法によっては診察が決定しにくいときに偉力を発揮する。今昼間の時間、早期胃癌(いがん)の診察が簡単になったのも、胃生検の進歩に負うところが大きい。胃癌のような限局した病変ばかりでなく、慢性胃炎のようなびまん性の病変の診察にも必要である。


五つ子(いつつご)

5個の胎児が同時に坊主宮内にあるコンディションで、五胎ともいう。多胎妊娠に含まれ、母坊主妨げや低体重新生児が多く出産前後の死亡も高いハイ危険妊娠に属する。ヒトの時はきわ入れまれで、白人の時で約4000万回の妊娠で1例の可能性といわれ、五胎とも生存の例はさらにまれとされてきた。近年は一番排卵症に対するゴナドトロピン(生殖腺(せん)刺激ホルモン)による排卵誘発法によって多胎妊娠が増え、かつ、ハイ危険妊娠に対する管理が著しく進歩したことによって一番事出産する例が目だち、話題となっている。1934年カナダのキャランダーで天性たディオンヌ姉妹は、54年にエミリーが心臓発作で死亡するまでそろって生存したことと、一卵性であったことで有名である。1966年以降、排卵誘発法による五つ坊主の誕生が報告され始め、わが国でも76年(昭和51)1月31昼間の時間鹿児島市立病院で天性た五つ坊主は五卵性であった。さらに80年3月10昼間の時間にも同病院で2回目の五つ坊主が天性話題になった。


隔離(かくり)

検疫法(昭和26年法律201号)により規定されている処置の一つで、海世間から昼間の時間本に来航した人々のなかに、検疫感染症(検疫伝染病)の病人が発見された時、それによって感染症(伝染病)が拡散するのを防ぐため、病人、保菌者、疑似病人など他人に感染させるおそれのある者を一定の期間、一般の社会暮らし環境界から切り離して暮らしさせることをいう。収容敷地は厚生労働大臣等が指定した、感染症指定医療機関。ほかに、経緯観察のために一定期間隔離する停留という処置もある。この収容、隔離、治していますに伴う経費は官費で労力(市町村、都道府県、国で分担支弁)される。病気が治癒したのち隔離が解除されるのは、たとえば糞便(ふんべん)によって感染する伝染病では、48時間以上の間隔で連続2回検便し、病原体が検出されなかった時であり、呼吸器系の伝染病では、嗅覚咽喉(びいんこう)粘液の検査が24時間以上の間隔で同様に行われる。

かつては伝染病予防法においても、隔離処置が規定されていたが、一律に法律で無理強い隔離することの矛盾が指摘され、1999年(平成11)に同法は廃止、かわって施行された感染症予防?医療法(感染症法)では、特定の感染症病人などに対し、「指定医療機関へ72時間の入院勧告ができる」との表現となり、それを超えて入院継続の不可欠性を決断する際は、保健所ごとに設置する協議会の意見によることになった。

なお、年寄り病院や年寄りホームなどで、疥癬(かいせん)(ヒゼンダニが皮膚に寄生する皮膚病)の病人が発見された時も、治癒するまで1人部屋に隔離することが一般に行われている。


プロフィール

基礎医学, 基礎医学とは

Author:基礎医学, 基礎医学とは
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。